電話番号 電話番号 メール メール 営業所一覧 twitter facebook line HOME こちらもおすすめ! 外部リンク
  1. HOME
  2. コラム
  3. DIY。まずは始めてみませんか。

DIY。まずは始めてみませんか。

facebook twitter hatena Pocket
DIY

最近、テレビなどでも良く見かけるDIY。ちょっとした椅子や飾り棚、壁紙、部屋のレイアウトまで、ご自身の描くイメージをマイペースで作っていけることが大きな魅力となっています。
今回は、まずはDIYを始めるための基礎知識をご紹介します!

DIYとはどういう意味?

DIYとは「Do It Yourself」の頭文字をとった略語。「自分でできることは自分でやろう」ということで、既製品を購入したり専門業者に特定の製品の注文をしたりするのではなく、自分自身の手ですべて行うことを意味します。

日曜大工とDIY、何がどう違うの?

基本的に、日曜大工とDIYの意味は同じです。
しかし日曜大工という言葉には、休日に男性が趣味で大工作業を行うイメージが強く、女性が作業するということに抵抗があった方もいるかもしれません。
そういった風潮の中でもガーデニングの延長などではじめる女性も増えて、だんだんとDIYという言葉が浸透していき、女性が作業するということにも抵抗がなくなってきました。
今ではDIYが身近に広まり、ホームセンターなどで初心者でも簡単に扱える道具や材料が購入できるようになりましたね。


DIYをするメリットは?

第一に既製品を買うよりもコストを安く抑えることができます。
DIYの腕前が上がってくると、お店で売っているような素敵な家具を材料費だけで完成させることができるようになります。
また、自分で一から作るということはデザインや大きさ、色、素材などすべてを自由に作ることができます。
専門業者の方にオーダーメイドでお願いすれば、クオリティの高いものを手に入れることができます。しかし自分自身で毎日使う小物や家具、空間を自らのアイデアと手で作りあげた時に得られる充実感や達成感は、DIYならではのモノであり、それが最大のメリットと言っても過言ではありません。DIYのメリット





初心者でも簡単にできるDIYは?

まずは、特別な道具を使わなくても簡単にできるDIYをご紹介します。

タイルシール

部屋の雰囲気を簡単に変えることができるのがタイルシールです。
タイルの裏にシールがついているので、手軽に貼ることができます。
最近は色んな柄や形のものが販売されているので、あなただけのオリジナル空間が簡単に実現できますよ。
洗面室やキッチンなどアクセントに何かほしい時、やってみてはいかがでしょう。

コンセントカバー・スイッチカバー

コンセントやスイッチの白いカバープレートが味気ないなと感じたことはありませんか?
そんな時は、あなた好みのカバープレートに変えてみましょう。
道具はドライバー1本あればOK!
カバープレートには種類・サイズがあるので、形が違って使えない…なんてことがないように、今のカバープレートの写真を撮っておいたり、実物を外して持って行くなどして新しいモノを色々探してみましょう。

取っ手

収納の引き出しや扉の取っ手も簡単に雰囲気を変えることができるアイテムのひとつです。
色々なものが販売されているのでアイアン素材の男前なものや、アンティーク系、木製のナチュラルなもの、個性的な形のものなどあなたの好みにあった取っ手を探してみましょう。
取っ手の種類によってつけ方は異なりますが、もともと空いている穴に合った取っ手を選ぶとドライバー1本で取付けができます。
簡単にできるDIY


もっとDIYしてみましょう

初心者にも簡単にできるDIYを紹介しましたが、慣れてくれば「まずはやってみよう」とDIYを愉しんで挑戦できるようになってきます。そうなると範囲がどんどん広がってきます。


棚つくりはDIYでも人気のひとつです。
TVラックや食器棚、本棚、シューズラック…などがありますが、それぞれに共通するものは木材の加工が大変だということ!
ノコギリや、木材に穴を開けたりビスをねじ込んだりするインパクトドライバー、広い面を研磨するために使う紙やすりを電動で行うサンダーなどさまざまな道具を使います。
初めての方は、使い方をちゃんと勉強してから使いましょう。
また、壁に取り付ける飾り棚のようなタイプは、壁側の下地をしっかりと確認してから始めるようにしましょう。

壁紙

壁紙を変えるだけで一気に部屋の雰囲気が変わります。
壁紙のDIYは柄を合わせたり天井から床面まで貼りつけたりなど一人では大変な作業です。誰かに手伝ってもらいながら作業した方が効率良く進められますよ。
高いところの作業もあるので、安全には十分注意しましょう。
最近では珪藻土や漆喰などを手軽に塗ることができる壁材もあり、楽しみも広がります。

壁紙と同じく、床材が変わるとぐっと部屋の雰囲気が変わります。
今の床を剥がして貼る方法と上に重ねて貼る方法の二種類がありますので、お部屋の環境や手間、コストなどを考えて決めていきましょう。色々と考え、悩みながら決めていくのもDIYの醍醐味といえます。ぜひ楽しみながらやってみてください。
DIYをしてみましょう

PAGE UP